特集

オススメスポットや、その他お役立ち情報をご紹介します。

OTHER

日本の美しい風景と歴史、ご当地グルメを満喫!岡山・広島・山口の1泊2日モデルコース[PR]

  • 岡山県
  • 広島県
  • 山口県

瀬戸内海に面した岡山・広島・山口は、陽ざしの温かい穏やかな風景と、新鮮な海の幸や旬の野菜果物を使ったグルメが魅力!古くから海上交通が栄えたことから、歴史的な見どころも盛りだくさんです。大都市では感じることのできない、素顔の日本に出合える、岡山・広島・山口を巡るベストコースをご紹介します!

岡山・広島・山口ってどんなエリア?

岡山県、広島県、山口県は本州の西部に位置し、本州と四国の間にある瀬戸内海に面しています。このエリアは海岸線に沿って、新大阪から博多を結ぶJR山陽新幹線やJR山陽本線などが走っており、外国から日本を観光目的で訪れる方はJR各社の鉄道や路線バスが乗り降り自由になるジャパン・レール・パスを使って、効率的に見どころを巡ることができますよ!

岡山は、国内屈指の日本庭園「岡山後楽園」や「倉敷美観地区」が魅力。広島は、戦争の悲劇を今に伝える「原爆ドーム」や海に建てられた大鳥居が有名な「嚴島神社」で世界的に知られています。山口は、日本に来たら一度は食べてみたい、秋から冬にかけて旬を迎える和食の高級食材・フグの名産地として有名です。

それでは早速、この岡山、広島、山口を巡るモデルコースをご紹介していきます!

1日目:岡山駅到着(新幹線)

岡山・広島・山口をめぐる旅は、JR山陽新幹線岡山駅からスタート!駅に着いたら、後楽園口(東口)へ向かいます。ここからは路線バスでの移動になりますが、後楽園口にはバス総合案内所がありますので、行き先や乗るバスが分からないときには、気軽に問い合わせてみてくださいね。

岡山後楽園と岡山城で日本の伝統的風景を満喫する!(所要時間:約100分)

岡山駅からは、日本三名園のひとつとも称される「岡山後楽園」へ。駅からは、直通バスや路線バスを使い、約10分で到着します。入口は正門と南門がありますが、ここではぜひ正門から入園してください。

正門から奥に進むと、木々で遮られていた視界が一気にひらけ、園内の美しい眺めが目の前に広がります。庭園で写真を撮るなら、岡山城を背景にした水辺にある五十三次腰掛茶屋の横にある写真スポットがおすすめ!秋から冬にかけて月2回程度行われるタンチョウの園内散策も見逃せませんよ。英語や中国語の園内ガイド(要予約)も好評です。

岡山後楽園
開園時間:8:00~17:00(3月20日~9月30日は7:30~18:00、最終入園は閉園時間の15分前)
休み:無休
料金:大人400円、シニア(65歳以上)140円※高校生以下入園料無料(2019年3月31日まで)
住所:岡山県岡山市北区後楽園1-5
公式HP:http://okayama-korakuen.jp/
地図

岡山後楽園の南門を出て月見橋を渡ると左手にあるのが、漆黒の壁が重厚な「岡山城」。お城のなかでは、無料の殿様・姫様の着付けをして記念撮影をしたり岡山の伝統工芸品である備前焼を手作りしたりすることができますよ!(1,230円※入館料別途必要)。

岡山城
営業時間:9:00~17:30(最終入場は17:00)
休み:12月29~31日
料金:大人300円、小・中学生120円
住所:岡山県岡山市北区丸の内2-3-1
公式HP:https://okayama-kanko.net/ujo/
地図

※お得な岡山後楽園・岡山城の共通券は、大人560円

吉備津神社で1,700年以上の歴史を誇る社を参拝(所要時間:約40分)

岡山城から「吉備津神社」へは、バスと電車を乗り継いで1時間ほどです。

この神社は、創建から1,700年以上という長い歴史を誇ります。祀られている神様である大吉備津彦命は、桃から生まれた男の子が、犬・猿・雉を連れて鬼退治をしたという日本人なら知らない人はいない日本の昔話『桃太郎』のモデルと言われています。

境内には国宝である本殿・拝殿を中心に、お釜の鳴る音で吉凶を占う神事で有名な「御竈殿」など、たくさんの社が点在。なかでも全長360mに及ぶ一直線の廻廊は、思わず見入ってしまいます。写真を撮るときは、廻廊の途中にある重要文化財の「南随神門」の横から撮影するのがおすすめ。少し高い位置から奥行きのある写真を撮ることができます。

神社の周辺に広がるのは、低い山の間に美しい水田が点在するのどかな風景。周辺にはサイクリングコースが整備され、駅などの主要スポットでレンタサイクルを借りることができます。時間があれば自転車に乗って散策してみてくださいね。

吉備津神社
拝観時間:5:00~18:00(閉門は18:00)
住所:岡山県岡山市北区吉備津931
公式HP:http://www.kibitujinja.com/ (日本語のみ)
地図

古き良き日本の街並みが残る倉敷美観地区での散策を楽しむ!(所要時間:約120分)

吉備津神社を参拝したあとは、電車に乗っておよそ1時間で倉敷駅へ。ここから歩いて15分ほどで、「倉敷美観地区」に到着します。倉敷美観地区は、17~19世紀まで続いた日本の風情を感じることができる、古い街並みが保存されています。

倉敷川を舟で行く「くらしき川舟流し(乗船料:大人500円、5~12歳250円)」もぜひ体験してみてください。藁で作られた「かさ帽子」を被り、20分ほど倉敷川を遊覧すれば昔の日本にタイムスリップしたような感覚が楽しめますよ。

倉敷美観地区の、もう1つの楽しみは食べ歩き!まずは、美観地区入口にある「果物小町のソフトクリームパーラー」で、岡山県産の高級ブランド果実である、清水白桃の旬の果汁を極限まで練り込んだフレッシュフルーツソフトクリーム「白桃ソフト(430円)」を購入。口当たりはなめらかであっさりとしています。桃のおいしさが最大限に引き出された上品な甘さのソフトクリームは絶品です!

果物小町のソフトクリームパーラー
営業時間:10:00~18:00
休み:無休
住所:岡山県倉敷市阿知2-22-15
公式HP:http://www.kurashiki-yoimachi.co.jp/yoimachi/softcream_p.html (日本語のみ)
地図

楽しみながら和のスイーツを味わいたいなら、老舗菓子舗「橘香堂美観地区店」の、「むらすゞめ手作り体験」がおすすめです。クレープのような生地で餡を包んだ和菓子「むらすゞめ」を、180度に熱された鉄板を使って自分で作ることができます。手焼き体験のみ食べることができる「ジャンボむらすゞめ」はなんと通常の約7倍の大きさ。粒あんのみではなく、白玉も加えていただきます。手作りの「むらすゞめ」は、焼き加減によって皮の硬さが異なるのが特徴。アツアツでパリパリとした食感は実際に来なければ味わえません!

橘香堂 美観地区店
営業時間:9:00~18:00(体験工房 10:00~16:00)
休み:1月1日(体験工房 12月31日~1月2日)
体験工房料金:通常サイズ(3個)600円、ジャンボサイズ(1個、白玉団子付)1,200円
住所:倉敷市阿知2-22-13
※手作り体験は小学生以上からとなります。
公式HP:http://kikkodo.com/?mode=f6 (日本語のみ)
地図

インスタ映えを狙うなら、「倉敷デニムストリート」名物の「デニムまん(350円)」を。デニム色に染められたもちもちのパン生地にアツアツの肉の餡を入れた肉まんは、インパクト大です!

倉敷デニムストリート
営業時間:9:30~17:30
休み:無休
住所:岡山県倉敷市中央1-10-1
地図

原爆ドーム・広島平和記念資料館で戦争の悲劇に想いを馳せる(所要時間:約90分)

倉敷美観地区から広島へは、在来線と新幹線を乗り継いで1時間15~20分ほど。昼食は岡山名物の「栗おこわ弁当(900円)」や「桃太郎の祭ずし(1,000円)」など、日本の列車旅には欠かせない駅弁を楽しんではいかがでしょう?

広島駅から路線バスに乗って20分ほどで、「原爆ドーム」に到着します。この建物は、広島に落とされた原子爆弾の被害を今に伝える貴重な遺産として、1996年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。廃墟となったドームを間近に見ると、核兵器の破壊力の大きさを実感できます。

原爆ドームの南側一帯は「平和記念公園」として整備され、「原爆死没者慰霊碑」や原爆の子の像などのモニュメントが点在。美しく手入れされた公園には、鎮魂の静粛な雰囲気が漂っています。

公園の一角にあるのが、原爆被害の資料を展示・収蔵する「広島平和記念資料館」。世界で初めて使われた核兵器の恐ろしさを今に伝える、被爆者の遺品や被害を示す資料を間近に見る事ができます。

広島平和記念資料館
営業時間:8:30~18:00(8月は~19:00、8月5~6日は~20:00、12~2月は~17:00、最終入館は閉館の30分前)
休み:12月30~31日
料金:大人200円、高校生100円
住所:広島県広島市中区中島町1-2
※2019年春までリニューアルのため本館は休館。期間中は東館のみ見学可。
公式HP:http://hpmmuseum.jp/
地図

お好み焼き みっちゃん総本店で夕食(所要時間:約90分)

初日の夕食は、広島平和記念資料館から歩いて約15分の「お好み焼き みっちゃん総本店 じぞう通り店」で。

お好み焼きは、全国的に有名な広島の名物料理。小麦粉の生地の上に、肉や野菜、こだわりの生麺などを重ねて蒸し焼きにします。その元祖といわれるのが、県内に7軒を展開する「お好み焼き みっちゃん総本店」です。

カウンター席の前には全長12mの鉄板が敷かれ、スタッフが目の前で調理をしてくれます。定番の「そば肉玉子(800円)」や、具材豊富な「DXスペシャル(1,500円)」は、お店自慢の特製お好みソースをたっぷりとかけてアツアツのまま召し上がれ。甘辛く深みのある特製ソースが、新鮮なキャベツと肉や魚、麺にマッチしてやみつきですよ!

広島特産の新鮮なカキを使ったジューシーな「牡蠣焼き(900円)」は、おかずにも酒のつまみにもぴったり。鉄板でダイナミックに焼かれたぷりぷりの牡蠣に、レモンをかけていただきます。注文するときは、英・中文メニューもあるので、安心ですよ。

お好み焼き みっちゃん総本店 じぞう通り店
営業時間:
〔平日〕17:30~23:30(L.O.22:30)、
〔土〕11:30~15:00(L.O.14:30)/17:00~23:30(L.O.22:30)、
〔日・祝〕11:30~15:00(L.O.14:30)/17:00~22:30(L.O.21:30)
休み:火曜日
住所:広島県広島市中区小町8-4
公式HP:http://www.okonomi.co.jp/
地図

宿泊は市内のホテルが便利

広島での宿泊は、翌日の移動を考えて市内のホテルが便利。中国地方を代表する大都市である広島市内には、観光客やビジネス客向けのホテルが数多くありますので、宿探しに困ることはありません。

2日目:世界遺産・宮島から山口へ

宮島は、瀬戸内海西部にある広島県の島で日本三景のひとつです。島内の見どころの中心となる嚴島神社は、ユネスコの世界文化遺産にも登録されています。旅の2日目は、この宮島から山口に向かいます。

宮島で嚴島神社に参拝し、弥山からの絶景を満喫!(所用時間:約180分)

朝8時にホテルをチェックアウトし、電車とフェリーを乗り継いで1時間10分ほどで宮島に上陸。

まずは「嚴島神社」を参拝します。創建から1,400年以上という歴史を誇るこの神社は、潮が満ちると床下まで海面が迫り、海の上に浮いているように見える事で有名です。逆に干潮時には、神社の北にある、普段は海中に浸かっている大鳥居まで歩いて渡ることもできますよ。

嚴島神社
拝観時間:6:30~17:30(12月は~17:00、元日は0:00~18:30、1月2~3日は~18:30、3月1日~10月14日は~18:00)
休み:無休
料金:大人300円、高校生200円、小・中学生100円
住所:広島県廿日市市宮島町1-1
公式HP:http://www.itsukushimajinja.jp/index.html
地図

参拝を終えたら、紅葉谷公園を経て「宮島ロープウエー(往復:大人1,800円、子供(6~11歳)900円)」の乗り場へ。ここから2つのロープウエーを乗り継いで、山頂に向かいます。ロープウエーの車内や、終点の獅子岩駅付近にある標高433mの獅子岩展望台から望むダイナミックな風景は、息をのむほどの迫力!

帰路は、たくさんの土産店や味処が軒を連ねる嚴島神社周辺の参道で、食べ歩きはいかがでしょう?広島名物の和菓子・もみじ饅頭を揚げてサクサクの衣に包んだ「もみじ堂本店」の「揚げもみじ(180円)」は食べ歩きにピッタリ。注文してから目の前で揚げるので出来立てをいただけます。甘くてふわふわのスポンジとサクサクとした食感の衣が絶妙で何個でも食べられてしまいそうです。

もみじ堂 本店
営業時間:9:00~17:30(※季節により変わります)
休み:不定休
住所:広島県廿日市市宮島町448-1
公式HP:https://momijido.com/ (日本語のみ)
地図

広島名産の大ぶりの牡蠣が2つも入った「BIG SET宮島本店」の「牡蠣カレーパン(400円)」は、ボリュームたっぷり。サラッとしたカレールーとぷりぷりの牡蠣の相性抜群です。外はサクサク、中はもちもちのカレーパンを手にフェリー乗り場へ。潮風を感じながら島を出て本州側に戻ります。

BIG SET 宮島本店
営業時間:8:00~18:00
休み:不定休
住所:広島県廿日市市宮島町浜之町853-2
地図

錦帯橋・岩国城で山口の美景を楽しむ(所用時間:約120分)

宮島観光の後は、いよいよ今回訪ねる最後のエリアとなる山口に入ります。フェリーと電車を乗り継いで、山口を代表する名勝「錦帯橋」までは約90分。
川底の石まで見える透明度の高い錦川にかかる「錦帯橋(入橋料(往復):大人300円、小学生150円)」は、石造りの橋脚の上に5連のアーチが続く、340年余りの歴史を持つ美しい橋です。世界的にも有名な画家である葛飾北斎や歌川広重の浮世絵にも描かれ、世界的にその造形美が知られています。橋の裏側の精巧な造りにも注目してみてくださいね!

錦帯橋を渡り、「岩国城ロープウエー(往復:大人550円、小学生250円)」に乗って、目指すは日本を代表する山城のひとつ「岩国城」。天守閣から麓のパノラマを一望すれば、お殿様のような気分になれること間違いなしです!

岩国城
営業時間:9:00~16:45(最終入場は~16:30)
休み:岩国城ロープウエー点検日
料金:大人260円、小学生120円
住所:山口県岩国市横山
※錦帯橋・岩国城ロープウエーの往復と、岩国城の入館料がセットになった共通券は、大人:940円、小学生450円
公式HP:https://www.iwakuni-kanko.com/kikko/shiro/ (日本語のみ)
地図

名物・岩国寿司に舌鼓を!(所用時間:約60分)

錦帯橋の目の前にある、アクセス抜群の味処が「御食事処しらため別館」。ここではぜひ地元に昔から伝わる伝統的な岩国寿司を食べてみてください。鯛のそぼろや山菜、錦糸卵などを彩り美しくトッピングし、ケーキのように積み重ねたちらし寿司です。名産の岩国レンコンを使った連根麺とセットになった、郷土料理セット「岩国寿司・冷やし蓮根麺(1,500円)」がおすすめです!クセがなく食べやすいつるっとした喉越しの麺とお寿司の相性は抜群。英文メニューも用意されているので確認してみてくださいね。

御食事処しらため別館
営業時間:11:00~15:00(L.O.14:30、売り切れ次第閉店)
休み:不定休
住所:山口県岩国市岩国1-5-16
地図

山口を代表する名刹・瑠璃光寺の五重塔を見る(所用時間:約50分)

岩国寿司のランチを済ませたら、在来線や新幹線を乗り継いで約130分。名刹・瑠璃光寺に到着です。
境内に入って右手に見えるのが、国宝に指定されている高さ31.2mの瑠璃光寺五重塔。一般的な日本の五重塔は朱色が際立つのに比べ、570年以上も前に建てられたこの五重塔は、ベージュの色彩が印象的で日本の素朴な美しさを感じさせます。周囲の森の木々が、季節の彩りを添える美しい風景を、ぜひ写真におさめてください。22時までライトアップされる夜の眺めも魅力ですよ。

国宝瑠璃光寺五重塔
営業時間:終日(ライトアップ:日没~22:00)
住所:山口県山口市香山町7-1
ホームページ:http://yamaguchi-city.jp/details/aa_ruri_tou.html
地図

山口の名産、フグ料理と地酒を味わう(所用時間:約100分)

瑠璃光寺から電車に乗って約30分で、いよいよ最後の目的地である、味処「海鮮長州 小郡店」に。

山口県は、高級食材として知られるフグの名産地。山口は産地だけに、新鮮なフグをお手頃価格で楽しめます。日本ではフグ料理専門の厳しい調理資格試験に合格した熟練の料理人が、きちんと除毒をした上で調理をしているので、安心して味わってください。

フグ料理の王様「フグ刺し(1,800円(税抜))」は、小ぶりながらも身が引き締まってぷりぷり。ポン酢につけて、あっさりといただきます。そのほか、「フグの天ぷら(680円(税抜))」や「フグの皮(500円(税抜))」など、リーズナブルなフグ料理が盛りだくさん!国内外問わず人気の名酒「獺祭(2割3分)(1杯1,280円(税抜))」や海外の要人も飲んだことで知られる「東洋美人(1杯680円(税抜))」など、山口の地酒はフグ料理との相性抜群です。店主イチ押しの「海鮮太巻き寿司(1,080円(税抜))」も見逃せませんよ。脂がのった大粒の魚介類がたっぷり入り、ひとつひとつの重量感にびっくりするほど。このボリューム感をぜひ味わってみてくださいね!

海鮮長州 小郡店
営業時間:17:00~24:00
休み:不定休
住所:山口県山口市小郡下郷1231-4
地図

新山口駅から帰路へ

思う存分フグと地酒を堪能したら、歩いて5分ほどの場所にある新山口駅から帰路へ。今回のモデルコースは完結です。

少し足を延ばして!その他のおすすめスポット

モデルコースには入っていませんが、岡山・広島・山口にはまだまだ魅力的なスポットがたくさんあります。そのなかでも、ぜひ訪れてほしいイチオシスポットを厳選して紹介しますので、長期滞在など、時間に余裕のある方は少し足を延ばしてみてくださいね。

岡山高梁「備中松山城」/岡山駅から電車と乗り合いタクシーで約90分

標高430mの山頂に建つ、日本を代表する山城。国の重要文化財に指定されています。

広島尾道「千光寺」/広島駅から電車・新幹線で約90分

景勝地として知られる尾道の名刹。市街や瀬戸内海を一望する、境内からの眺めが有名。

広島安芸「井仁の棚田」/広島駅から車で60分

日本棚田百選のひとつにもなっている景勝。小さな水田が連なる風景が目を引きます。

山口長門「元乃隅稲成神社」/新山口駅から車で約90分

海を臨む参道に、123もの真っ赤な鳥居が連なる景色は、世界的にも有名です。

山口下関「関門海峡クルージング」/新山口駅から新幹線と在来線で約60分

本州と九州の間にある、関門海峡を船で巡り、波打ち際の景色を楽しむことができます。

岡山・広島・山口を旅するモデルコース、いかがでしょうか?飾らない素朴な日本に出合えるこのエリアを、ぜひ訪ねてみてくださいね。

特集一覧へ戻る
PAGE TOP